2016年の十五夜 日程 仲秋の名月 中秋の名月 十五夜の解釈 平成28年十五夜はいつ お供えのきまり 何を供える 団子 だんご 秋の七草 種類 飾り方

暮らしのエッセンス

2016年(平成28年)の十五夜はいつ?お供え物に決まりは?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

「十五夜」のお月さんは広い意味で捉えると 毎月やってくる15日目のお月さんのことですが、一般的には「十五夜」のお月さんと言えば、中秋の名月のことを指します。

 

旧暦の8月15日、新暦では9月の中旬(2016年は9月15日)です。
お月見、名月、中秋の名月、芋名月とも呼ばれます。

 

中国では、唐の時代から中秋の名月を鑑賞する風習があったようです。

日本では平安時代の貴族の間に取り入れられ、次第に武士や町民に広まりました。

スポンサードリンク


昔は、月の満ち欠けにより月日を知り、農事を行いました。十五夜の満月の夜は祭儀の行われる大切な節目でもあったようです。
満月に見立てたお団子と魔除けの力があるといわれるすすきをお供えします。

※すすきの本数など、決まりごとはありません。秋の七草のどれかを添えたりして、自分スタイルのお花を飾ってください。

 

秋の七草
萩(はぎ)・桔梗(ききょう)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・尾花(おばな※「すすき」のこと)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)
春の七草はお粥にしていただきますが、秋の七草は見て楽しみます。

 

 

日本では昔から、同じ場所で十五夜と十三夜の両方を観賞する風習が一般的です。どちらか一方だけ観賞するのは「片見月」といって忌まれていたからです
今は、十三夜は十五夜に比べてあまり一般的でないようで、十三夜の頃に月見団子を販売していない和菓子屋さんもあるようです。
でも、両方の月を愛でるのは、日本独特の風情ある風習ですから、ぜひどちらの月も楽しんでみてください。

 

※旧暦の8月15日を「中秋の名月」と呼びますので、必ずしも満月の日とは限りません。むしろ、月の周期は29.5日なので満月でないことの方が多いです。

 

★「仲秋の名月」「中秋の名月」は意味が違うの!?

旧暦では、秋は7月(孟秋)・8月(仲秋)・9月(季秋)です。
つまり、「仲秋の名月」=「8月の月」ということになり、 特には「十五夜」の月に限定されません。
「旧暦8月15日」は7月~9月の秋のちょうど真ん中の日にあたり 「中秋」と呼ばれます。 そこで、「中秋の名月」=「8月15日の名月」 という意味になり、十五夜(8月15日)のときは 「中秋の名月」と表すのが一般的になったようです。

Wikipediaより

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

耳より情報 祭り・イベント

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車