紫外線 ダメージ 有効なハーブ 紫外線に良い野菜 シミ しわ ソバカス くすみ 中高年の悩み 解決 食べ物 野菜 種類 

暮らしのエッセンス

紫外線のダメージに有効なハーブと野菜は?

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

うっかり日焼けの怖い所は、積み重なったダメージがメラニン色素を生み出し、結果シミになってしまうことです。メラニン色素を排出し肌に留めないようにする為には、「肌の新陳代謝を活発にすること」がとても大切になってきます。

 

ローズ油はバラの花弁から抽出した精油です。全ての肌タイプに適しており、乾燥した肌に潤いを与えてくれます。日焼けによるシミ・そばかすを防いでくれる作用があり、古い角質によるくすみにも効果的です。

 

日焼け

 

スイカズラ油はつる性の植物スイカズラの花から抽出されるエキスで、肌を清潔に保ってくれます。地肌に潤いを与え、毛穴の黒ずみによるくすみを防ぎ、日焼けから肌を守ってくれる効果が期待出来ます。

スポンサードリンク



トマトの鮮やかな赤を作っているのがリコピンという色素成分です。このリコピンには、肌の保護効果を高めてくれる働きがあり、紫外線のダメージを軽減する効果があります。リコピンは加熱処理を加える事で、体内に吸収されやすくなることがわかっています。生でサラダとしてではなく一手間加えた料理にしてみましょう。

 

ブロッコリーカリフラワーなどのアブラナ科の野菜には、βカロチンが豊富に含まれています。βカロチンは活性酸素の発生を抑えてくれる働きがある上に、肌のバリア機能を高めてくれる作用もあります。更に、ブロッコリーにはビタミンB群やビタミンE、ミネラルなど肌の代謝を助ける栄養素が豊富に含まれています。細胞のダメージを防ぎ、炎症を防いでくれる働きもあるため、日焼け対策にはぴったりの野菜です。
この他にもニンジンナッツ類緑茶なども日焼け対策に効果的とされています。
これらの食材は、日焼け対策だけでなく根本からの美肌づくりにも効果的です。少し意識して食事に取り入れ、日焼けに負けない肌を作りましょう。

スポンサードリンク

 

タグ :      

耳より情報 紫外線対策

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車