紫外線対策 赤ちゃんの肌 セラミドケア [花王] キュレル(Curel) UVローション SPF30 60ml

暮らしのエッセンス

紫外線対策 赤ちゃんの肌はセラミドケアで

読了までの目安時間:約 2分

スポンサードリンク

赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟で乾燥しがちです。

同じように、乾燥性敏感肌は、肌の必須成分「セラミド」が不足しがち。

外部刺激から肌を守るバリア機能が低下して、肌荒れやカサつきトラブルをくり返しやすくなってしまいます。

そこで、肌本来の「セラミド」の働きを守り補い、肌のバリア機能を助けるスキンケアで、肌荒れしにくい潤い肌に保つことが大切です。赤ちゃんにも使える〔キュレル UVローション〕を紹介します。

 

赤ちゃんが1歳になる頃までは、まず直射日光をできるだけ避けることが大切です。屋外では、衣服や帽子、ベビーカーの日よけなどで、直射日光がお肌に当たらないようにしましょう。

スポンサードリンク



どうしても日やけ止めをつける必要がある場合は、6ヶ月をすぎた頃が使い始めの目安になります。必ず保護者の方の監督のもとでお使いください。ただし、どのような日やけ止めを塗っても、完全に紫外線を防ぐことはできません。忘れずに、衣服や帽子などで直射日光をさえぎってあげましょう。

[キュレル UVローション]は、無着色・無香料・ノンアルコールで、使用後は全身洗浄料やせっけんで落とせます。

表示をよく読み、赤ちゃんのお肌の状態を確かめてからお使いください。

汗をかいたり、つけた箇所をこすったりするとムラになりますので、様子をみてつけ直してあげてください。

使用後は、いつもお使いの全身洗浄料などをタオルにつけて、やさしくふきとるように肌になじませながら、ていねいに洗ってあげましょう。

キュレルの『セラミドケア』は、洗浄と保湿の2つのアプローチで、肌の必須成分セラミド」の働きを守り補い、肌のバリア機能を助けて潤いを与えます。

 

花王公式サイトより

 

スポンサードリンク

 

タグ :          

耳より情報 紫外線対策

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車