二本松の菊人形 2016年 開催期間 鑑賞時間 見どころ 霞ヶ城公園アクセス

暮らしのエッセンス

第62回 二本松の菊人形 2016年の開催期間、鑑賞時間は?

読了までの目安時間:約 2分

スポンサードリンク

二本松には、藩政時代から菊の愛好者が多く、昭和の初期から町に菊人形が飾られていました。
昭和30年から「二本松の菊人形」として、霞ヶ城公園で開催されるようになり、現在の姿となっています。

 

菊人形の数が約130体、菊株数は3万株を誇る日本最大級の菊まつりです。

 

二本松市において本年は、「インバウンド元年」と位置づけし、二本松の菊人形では、日本の良さ、日本らしさをアピールする絶好の機会と捉え、テーマを「あっぱれ!ニッポン!世界に誇れる日本人」として、国内外を舞台に活躍してきた日本人を、菊人形で表現します。

 

スポンサードリンク


 

インバウンド(英語: inbound)とは. 原義は「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞( 英語)。外国人旅行者を自国へ誘致すること 。日本においては、海外から日本へ来る観光客を指す外来語。  Wikipediaより)

 

第62回 二本松の菊人形

開催期間 : 2016年10月10日(月曜日)~11月23日(水曜日)
開催時間 : 午前9時~午後4時
開催場所 : 福島県立霞ヶ城公園(二本松市郭内3丁目地内)
※国指定史跡 二本松城跡

 

入場料
•一般大人 700円
(団体割引20人以上600円)
•障害者大人 500円
(団体割引20人以上400円)
※中学生以下、入場無料
問い合わせ先 : 0243-55-5122 / 二本松市産業部観光課

 

 二本松菊まつり

 

秋の二本松を華やかに彩る菊人形。
霞ヶ城を舞台に、艶やかな菊の花と色づく紅葉が会場全体をうめつくします。

 

二本松市観光協会公式サイトより

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :   

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車