ユニセフ × BIGBANG プロジェクト 内容 詳細 Gドラゴン コメント ユニセフ韓国委員会 ユニセフの記念寄付プログラム BigBangのワールドツアーチケット販売の収益金 

暮らしのエッセンス

ユニセフ × BIGBANG プロジェクト ファンの一途な愛に恩返し!

読了までの目安時間:約 3分

スポンサードリンク

子供たちの命を救い、生活を改善するためにユニセフは、第二次世界大戦直後の1946年から全世界で子供を助ける活動を行っています。

 

現在ユニセフは、190以上の国と地域で活動しており、155個の発展途上国での子どもたちの命を救い、子供の生活を改善するための様々な事業を展開しています。

 

ユニセフ韓国委員会側によると、ユニセフとビッグバンが 参加する記念寄付プロジェクトは、今年デビュー10周年を迎えたビッグバンが デビュー記念日をより一層意味のあるものにするために寄付に参加したプロジェクトで、誕生日や卒業や入学、結婚、入社などの特別な記念日をより一層意味のあるものにすることができる「ユニセフの記念寄付」プログラムを広く知らせ、後援を奨励しようと企画されたものです。

 

スポンサードリンク



 

BIGBANG×ユニセフ

 

ユニセフ韓国委員会側は、「BigBangのワールドツアーチケット販売の収益金から成る基金は、ユニセフの児童支援事業の中の予防接種事業に使用される」とし、「この基金でユニセフは、60万名の児童にはしかの予防接種を受けさせることが出来るので、チケット購買者の1名がアフリカの児童1名を助けることになる」と説明しました。

 

ソウルにて

ソウル市内を走るバス

 

BigBangのリーダー、Gドラゴンは「ワールドツアーを通し様々な国から愛情を貰った分、全世界にその愛情をお返ししたいと思いユニセフを後援することにした」とし、「集まった基金が児童の予防接種に使用され、多くの児童が疾病に苦しまず健康に育ってくれることを望んでいる」と伝えました。

 

今回のプロジェクトでは ビッグバンの5メンバー達が、ユニセフとの特別な縁(えん)を映像を通じて公開する予定で、その映像は、ユニセフ韓国委員会のウェブサイトから確認できます。

 

また、ユニセフ韓国委員会は ビッグバンとの記念寄付プロジェクトを記念するために、 「유니세프기념기부X빅뱅(#ユニセフ記念寄付Xビッグバン)」のハッシュタグをつけて記念日の写真を個人インスタグラムにアップロードして友達3人を招待したり、ユニセフ記念寄付に参加すると、抽選で記念品を贈呈するということです。

 

情報提供 : KSTAR NEWS

 

スポンサードリンク

 

タグ :      

K-pop BIGBANG

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車