AKMU 新曲 思春期下巻 LAST GOODBYE REALITY ラストグッバイ ミュージックビデオ ロケ地 写真 桜岡駅 YGエンターテイメント今後の予定

暮らしのエッセンス

楽童ミュージシャン 新曲”思春期 下巻” LAST GOODBYE 北海道の美しい景色の中で

読了までの目安時間:約 5分

スポンサードリンク

「楽童ミュージシャン」はことし5月、2年ぶりにニューアルバム「思春記 上巻」を発売してから約7か月ぶりに新曲を披露してくれました。

 

2017年YGエンターテイメントの第一走者として乗り出す期待にみごと答えてくれたわけです。

 

思春期 下巻」のタイトル曲『LAST GOODBYE』は、アコースティックギターの旋律、リフ、ストリングが加わったバラード曲で、 心を動かす AKMU のボーカルが印象的であり、昔の恋人に対する想いを描いた曲です。

 

特に、この曲についてメンバー LEE CHAN HYUK(イ・チャンヒョク)は、「『LAST GOODBYE』は経験に基づいて書いた曲であり、自分がすごく大切に思っている曲だ」と愛情を表しました。

 

また、もう一曲のダブルタイトル曲である『REALITY』は、弾むようなサウンドプロダクションやナレーションが際立つモダン・フォーク・ポップジャンルの曲で、純粋だった思春期時代のイメージを表現し、AKMU特有の明るく才気溢れる歌詞が目立つ曲となっています。

 

イ・チャンヒョクとイ・スヒョンは純粋な歌詞と感性たっぷりのボーカルで耳を引きつけます。
「生放送」「リアリティ」「長い日、長い夜」「ブサイクなふり」「CHOCOLADY」「YOU KNOW ME」「家に帰る道」「あの時、あの子たちは」の8曲が収録されている今回のアルバムは、全曲の作詞・作曲をイ・チャンヒョクが務めました。

 

彼は「『思春記 下巻』には冬に聴きやすい曲をたくさん入れた。ジャンルが様々だ。感性たっぷりの音楽で満たした。」とし、今回のアルバムが意味深いものであることを紹介しました。

 

 

楽童ミュージシャンの紹介

日本名:がくどうミュージシャン、韓国名: 악동뮤지션、英語名: Akdong Musician
通称 AKMU は、韓国の兄妹ポップス・デュオ。YGエンターテインメント所属。
イ・チャンヒョクとイ・スヒョンは、音楽業界での経歴を始めるために韓国に帰国する前に、5年間、両親と共にモンゴルで生活していました。

 

オーディション番組『K-POPスター2』で優勝し、その1か月後の2013年5月24日、楽童ミュージシャンとしてYGエンターテインメントと独占契約を結びました。

 

そして優勝から9か月後2014年4月9日デビュー・アルバム『PLAY』を発表しました。全11曲が収録されたアルバムは、全ての曲がイ・チャンヒョクによって書かれたものです。

 

AKMU  오랜 날 오랜 밤 (LAST GOODBYE)のロケ地は北海道!

 

桜岡駅

 

ミュージックビデオを見て「あっ!この駅 日本語?」って思われた方も多いと思います。
MV中に出てくる桜岡駅(さくらおかえき)は、北海道旭川市東旭川町桜岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅で今は無人駅です。(※自動券売機設置なし)

 

この駅からは、以前神木隆之介さんが出演されたテレビドラマで評判となった『上野ファーム』や『クラークホースガーデン』(共に駅から 徒歩約10分)があります。

 

사쿠라오카 역(일본어: 桜岡駅 さくらおかえき)은 일본 홋카이도 아사히카와 시에 위치한 홋카이도 여객철도 세키호쿠 본선의 철도역이다.  상대식 승강장 2면 2선의 구조를 갖춘 지상역이다.

 

akmu

はっきりとは言えませんが、多分「ジェットコースターの路」だと思います。ラベンダーが有名な深山峠の近くです。

 

※YGエンターテイメントは今後 PSY(サイ)や iKON 、WINNER 、イ・ハイ、ケイティ、Zion.T、「BIGBANG」の G-DRAGONと SOL(テヤン)のソロなどの新曲を披露する予定です。
写真と情報:YGエンターテイメント

 

 

 

タグ :       

K-pop K-POP注目

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車