韓国 K-POP 9人組新人アイドルグループ STRAY KIDS ストレイキッズ スキズ ファーストアルバム MIXTAPE 収録曲 グループ名の由来

暮らしのエッセンス

STRAY KIDS スキズの完成度にビックリ!

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク

2018年1月8日にデビューしたホカホカの新人K-POPアイドルグループといえば、な~んだ?

あなたは答えられますか?

 

JYPエンターテインメント所属の9人組ボーイズグループで、TWICEの弟分とかGOT7の弟分と言われている『STRAY KIDS』!

 

今、韓国や中華圏で大流行りのサバイバル番組出身なので、早くから目をつけてペンになっている人も多いようですね。

 

さっそく紹介しましょう。

 

 

スポンサードリンク


 

 

STRAY KIDS

読み方は ストレイキッズ(스트레이 키즈)。「スキズ」の愛称で親しまれています。

 

Mnetのサバイバル番組”Stray Kids”を通じて選抜された9人のメンバーによる新人ボーイズ・グループです。

 

STRAY KIDSグループ名の由来は

「Stray」とは本来「定まった方針なしに道からそれる」とか「迷う」といった意味に使われますが、Stray kidsは「家を出た子供たち」という意味あいで使われています。

 

定形化された枠組みにしばられない自由奔放な魅力と既存のアイドルグループとも差別化された個性を出し続ける新しいグループの可能性を秘めているのかも…。

 

ストレイキッズ 스트레이 키즈

 

リリースされたアルバムは、自作曲7曲を収録した『MIXTAPE』というタイトルです。

 

これはSTRAY KIDSの番組内で披露した自作曲であり、エレクトロニカからヒップホップまでJYPの9人の原石が贈る新鮮なサウンドとなっています。

 

新人グループとは思えない、すでに出来上がった感のある凄すぎる曲ばかりで目をみはるばかりです。

 

MIXTAPE ~FAST ALBUM 

タイトル曲の“Hellevator”は地獄とエレベーターの意味を合わせた曲で、Stray Kidsが痛みや努力の時間を突き抜け、上を向いて突き進もうという気持ちを込めて制作された曲。

 

10代の反抗心を新たに解析したヒップホップ・ジャンルの“Grrr総量の法則”。

 

子供に見られることを嫌がり大人の振りをしているが実際には大人になるのが怖い青少年たちの心理を表したストーリーの“幼い羽”。

 

不安や自信を同時に抱きながら現実で成功する未来を夢見る迫力あふれるサウンドの“YAYAYA”。

 

夢見るStray Kidsメンバーの自伝的ストーリーを込めたバラード曲“GLOW”。

 

繰り返される学生生活に嫌気がさした学生の気持ちを表現した“SchoolLife”などを収録。

※ポストカード・セット付き。

 

【収録曲】
01.Hellevator
02.Grrr 総量の法則
03.幼い羽
04.YAYAYA
05.GLOW
06.School Life
07.4419

 

参考:楽天市場、K-Style

 

わたし的には、マンネのジョンインくん…可愛くて良いですね。
チャームポイントが「矯正です!」というあたり、きっとお姉さまたちに人気が出ることと思います。

ボーカルで歌唱力もあるのでこれからが楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :    

K-pop K-POP注目

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車