韓国 K-POP JYP期待の新人グループ ストレイキッズ Stray Kids ファーストミニアルバム I am NOT 個人的な感想 メンバー紹介 曲の感想 フォトブックの感想 特典について

暮らしのエッセンス

Stray Kids I am NOT 感想!誰か聞いて!

読了までの目安時間:約 6分

スポンサードリンク

3月26日リリースしたStray Kids「I am NOT」。

届いてから中々じっくり目を通すことができず、やっとこさPhotoBookを手に取りました。

 

もちろん聞きながらね。

I am NOTに込めた意気込みみたいなものがグワ~っと押し寄せてくる感じがして、失礼のないように丁寧に見ていきました。

 

ラップが凄くて、誰かに聞いて欲しいので楽曲の感想と併せて紹介させて下さい。

 

 

スポンサードリンク


 

 

韓国芸能事務所JYPからデビューした9人組Stray Kidsの1st ミニアルバム「I am NOT」。
デビューのいきさつなどは「STRAY KIDS スキズの完成度にビックリ!」という記事に書いていますのでそちらを参考にしていただければ幸いです。

 

Stray Kids 1st ミニアルバム I am NOT

紹介するのは、「I amバージョン」です。

何より最初に驚いたのは、ポストカードの多さです。

「エッ!なにこれっ。え~、こんなに!」って感じで、なんと20枚!凄過ぎです。

 

Stray KIds ポストカード

写真の裏に手書きのメッセージ欄などあって可愛いです。

 

PhotoBookの中身はもちろんメンバーのいろいろな表情を写したページがズラリなんですが、1人ひとりからの自己紹介とこのミニアルバムに込めたメッセージがのっていて、人柄や性格が伺われ意外に感じたり、感心したりしました。

 

スキズ フェリックスのメッセージfrom I am not

オーストラリア出身のフェリックスくんは、誰よりもぎっしりメッセージを書いていました。下半分は英語で書かれています。

 

STRAY KIDS メンバー紹介

誰が誰やら?というくらい、メイクで顔が違って見えたり…名前を数えると11人分あったりしてビックリでしたが、解決しましたので解説しておきます。

 

リーダーのバンチャン(Bang Chris )から紹介ページが始まっています。

オーストラリア出身で今のところ人気は7番目くらいのようです。

 

次はキム・ウジン(WOOJIN)  ソウル 出身のボーカル担当です。

 

デビュー以来一番人気といわれている「イ・ミノ」は「LEE KNOW(リノ)」。

芸能界にはミノという名前が他にいらっしゃるので、改名したそうです。
出身はソウルで担当はダンスです。BTS(防弾少年団)のバックダンサーを経験しています。

 

ラップと作詞を担当するソ・チャンビン(CHANGBIN)ソウル出身です。

 

stray kids

 

今回初回限定でついていたポスターは誰あろうファン・ヒョンジン(HYUNJIN)でした!

オーディション番組「StrayKids」出演者の中でもっとも人気が高かったメンバーです。
一押しというわけではなかったけど、よく見るとカッコいいので、これも何かの縁ということで応援することにしました!

出身はソウルで、担当はラップ、ダンス です。ジニと呼ばれているみたいです。

 

本名のハン・ジソンからとった「HAN」に改名したハンです。

韓国出身で唯一身長が170㎝を下回る 169cmで、担当はラップ、ボーカル、作詞・作曲と多彩な才能の持ち主です。本人は「ハナー!」っと呼んで欲しいんだって。

 

窓の前にたたずむ少女のような写真はフェリックス。  出身はオーストラリアでダンスとラップを担当しています。
第5回の放送で脱落者となったリノと同じく第8回で脱落者となりましたが、9人でやらせてみたいというパクジニョン氏の意向で、最終ミッションで見事メンバーとして返り咲きました。

 

秀でたおでこが特徴のキム・スンミン (SEUNGMIN)はソウル出身でボーカル担当です。

 

最後に紹介されているのがマンネのヤン・ジョンインです。

改名してI.N(アイエン)と呼ばれています。

わたしが一押ししていた可愛いマンネちゃん💛まだまだあどけなさが残っています。

出身は釜山で身長は170cm。ボーカル を担当しています。

 

曲を聞いた感想

さて、楽曲の方ですが、しょっぱなからサイレンの音で始まって、ドキドキ状態が止まらない…ノリノリです!!

 

ラップが上手。というか野球でいうといろんな球種が投げられる投手を何人も揃えているといえます。

色んなラッパーが頭に浮かびます。

それで、やっぱりJYPらしいところがあって…パワフル。

 

とっても充実した休日を過ごしたようで得した気分です。

Thank you Stray Kids ♪

 

 

スポンサードリンク

 

タグ :     

K-pop K-POP注目

この記事に関連する記事一覧

おすすめの電気自動車