暮らし

暮らしのエッセンス

固有感覚とは?赤ちゃんの時から大切なのは?

読了までの目安時間:約 4分

スポンサードリンク


やんちゃさん
固有感覚とは、頭に対して体や手足がどういう位置関係にあり、どのような動きをしているかを知る感覚です。

 

体や手足の筋肉の伸張、収縮の具合、関節の曲がり方、伸び方、腱の状態などに関する感覚です。

 

この感覚がうまく育っていない子供の動作はぎこちなく、緩慢です。
手に持たせたお菓子がなかなか口まで持って行けなくて、つい微笑んでしまいます。

 

ボタンをかけたり、ポケットの中から何かを探って取り出しこともとても難しいでしょう。

 

固有感覚を育てるには、赤ちゃんの時から手足の曲げ伸ばしをよくさせ、手押し車をさせ、棒にぶら下がらせる、ハンドルを回す、荷物を持って歩かせる、走らせる、四つ這いに這わせる、ジャンプする、かがむ、背伸びするなど、手足をしっかり動かして運動させることが大切だといわれます。

 


 

タグ :   

子育てに少し役立つ話

おすすめの電気自動車